醤油は発酵食品で、よく食べます。体の健康にいいです。

2020.03.19 Thursday

0

    醤油は発酵食品で、よく食べます。体の健康にいいです。

    今日は、醤油の作り方を紹介したいと思います。醤油は発酵食品で、主な原料は大豆と小麦粉です。作る過程で、微生物の酵素を利用して、タンパク質を分解し、アミノ酸になり、醤油の新鮮な味を生み出す。また、デンプンをブドウ糖に加水し、発酵して乳酸、アルコール、エステルなどの物質に転化し、ソースとエステルの香りを生み出しました。料理のための調味料だけでなく、栄養も豊富で、人体に必要なタンパク質、アミノ酸、脂肪、ビタミンB、カルシウム、リン、鉄などのミネラルが含まれています。よく食べて体の健康にいいです。

    社会の発展と人々の生活水準の高まることに従って、醤油はすでに日に日に都市と農村の広大な人民の好感の調味料になりました。味噌製品は人々の生活と密接に関係しています。「柴、米、油、塩、味噌、酢、お茶」とよく言われています。酢はその中の二つを占めています。武漢地区は魚と米の故郷である江漢平原にあり、九省通街の商業の重要な鎮であり、これは味噌製品業の発展にとって極めて有利な条件を提供しています。

     

    東西湖区は1957年前、新溝町に小さな味噌加工工場があり、少量の大根を漬け込んだり、腐乳を作ったりしていましたが、醤油を作る能力はまだありません。1958年、東西湖の国営農場は武漢市の都市人民の副食品生産基地になりました。武漢市民のソース製品、醤油調味料に対する大量の需要を満たすために、経口区内の公私合弁の瑞昌、徳和、義福、慶太福、同源義五軒のソース園を研口区に移転し、慈恵農場沙咀大隊余氏末端に合併して慈恵味噌工場を構成する。醤油や味噌製品を大規模に生産しています。慈恵味噌工場は東西湖区の醤油生産の先駆けとなりました。

     

    低塩固体発酵法で醤油を醸造する技術改革が全国に広がった。醤油生産を科学発展の道に沿って大きく前進させました。慈恵味噌工場が生産した醤油は、この工場でみそ製品を作るために使われるものが少ないほか、その大部分は武漢の広大な都市と農村に売られています。ここ数年、慈恵味噌工場はもとの醤油工場を閉鎖的な工場に改造して、設備を増設して、菌種室と曲池を建てて、蒸気ボイラーなどを作ります。蒸し器の工程を改善して、土かまど、鉄鍋、ボイラー蒸気かまどに変えます。チーズの発酵は、元の強制乾燥室、土かまど、鉄鍋の保温発酵から蒸気保温発酵に変えます。

     

    また、工場内の原料と補助材料及び蒸し材の中の半製品と完成品の移動搬送、及び完成品の充填についても、人工的に操作し、機械化と配管化に変えて運営しています。包装品の洗濯消毒、完成品の瓶詰めとかめ詰め作業、またそれぞれ洗剤と充填機で操作します。醸造プロセスと生産設備の改善により、醤油タンパク質の利用率を63%から70%に引き上げただけでなく、シングル生産も徐々に向上しています。プロセスの改善によって、生産設備は機械化された半機械化を徐々に実現し、醤油の風味と品質を大いに向上させます。

     


    その後、慈恵味噌工場の醤油の年間生産能力は万トン以上に達し、全市の醤油生産総量の二倍以上になりました。醤油の生産高は高く、品質も良く、販売点は千余りあります。武漢三鎮と周辺の郊外県に至るまで、毎年醤油の年間販売量は一万トン近くで、漬け物は500トン、酢は100トンで、各種類の味噌製品は50トンぐらいで、特に醤油の販売量は一番多いです。醤油の商標はまず「新武漢」で、後に「大橋牌」に変えます。市内の各デパート、副食品店、農貿市場、露店及びレストランホテル、惣菜は早く至るところで「大橋牌」瓶に醤油を入れて、販売量は全市の醤油業界の販売量の4分の1を占めています。